愛着障害「人を信用できない」

友達ができない。恋人ができない。

人に嫌われるのではないかと近づけない。

自分に自信がない。

仲良くなってもいつか嫌われるのではないかという心理が働いて、より深い人との関係が築けない状態。

幼少期の家庭での人間関係が大きく起因する場合が多く考えられる。

幼少期家族と過ごせない不安定な環境で育っていたり、あるいは親戚に預けられ、たらいまわしにされてたり、または親が心理的に余裕がなく、子供に対して安定した関わりを持てなかった場合、子供は自分を絶対に守ってくれる存在との人間関係(愛着)を構築することができず、人との信頼関係も体験していない可能性が高い。

幼少期に親や養育者から安心安全を与えられたことがないと、自分以外の人との人間関係を結ぶことが非常に困難になったり、人を信用することが難しい。

幼少期どのような環境、どのような家族関係で育ったか、そして、その中でどんな事があり、何を感じていたのかをカウンセリングの中で一緒に探していき、本人のインナーチャイルドがどのような傷をもってしまったのかを確認、検証、理解していきながら、幼くて我慢、抑圧してきた苦しかった思いや、悲しかった思いを解放していき、人との関わりを持つ、人を信頼しても大丈夫等必要なワークをしていくことで、人との関わりを持てるようにしていく。

愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

愛着障害克服カウンセリング東京では
心理セラピーを多くの方に体験してもらいたい
心理セラピーの可能性を知ってもらいたいそんな思いから、
毎月先着5名様に限り、初回カウンセリングを
通常価格10000円→6000円で
ご提供させていただいています。

 [6月  満席]
 [7月  満席]
 [8月  満席の為締切ました]

ただいま9月分の募集を受け付けています。(残席3名様)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です