愛着障害克服ブログ「リトリーブサイコセラピーとは」

NLP心理協会の大鶴和江氏が、10年以上に渡り、NLP、交流分析、ゲシュタルト療法等を学び、多くのクライアントの方々に実践していく中で、最も効果がある療法として研究、開発したセラピー

感情・感覚(無意識)にアクセスすることで、幼少期に埋め込んだ自動反応(行動、思考)に気づき、抑圧してきた感情を解放し、その自動反応を書き換えていきます。 自分では気づかない、あるいは気づいても変えることができない、無意識に繰り返してしまう思考の癖や反応が減り、本来の自分らしさが戻っていきます。

 

 

愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です