おしゃれをしたいのに、女性(男性)らしい恰好ができない

女性として生まれたのに、なぜかスカートがはけない、あるいはおしゃれができない。

自分では他の人のようにおしゃれをしたいと思い、洋服を買ったりするが、いざ着ようと思うと着れない。

こういう方は、表向きは女性としておしゃれをしたいと思っているが、おしゃれをして女性らしくすると、似合わないとか、批判されるのではないか、自分自身も似合わないと思えてしまう。

原因としては、幼少期女じゃなかったら良かったのにとか、他の異性の兄弟だけ可愛がられた。

インナーチャイルドが女性であることで傷ついている場合。

解決は、カウンセリングでその思い込んだ時の歪んだ思い込みがどこからきたか知り、それに気付き、女性として楽しんで良いと自分で許可していく。そして、実際に少しづつおしゃれを楽しんでいくことで、楽しみを実感する積み重ねをしていくことで解消されていく。

 

愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です