母「怒りと罪悪感が消えなかった」

半世紀、

50年以上、
自分のお腹の中、
地底深くマグマのような、
怒りがあった。
相手に、
その怒りをぶつけてしまいそうで、
壊してしまいそうで、
自分が怖かった。
だから、
その人から遠く離れていた。
でも、
どんなに離れていても、
怒りは消えなかった。
そんな自分を
ダメな娘だと思った。
どちらかが死ぬまで、
消えないと思っていた。
母から離れて何十年、
もう残された時間がないと
わかった時、
「私が引き取る」
言ってしまった。
他に方法がなかった。
最後の最後、
残された時を
与えられたと思った。
積もり積もった
怒り、罪悪感を
消したかった。
限られた時間、
なんとか繋ぎたくて、
繋がりたくて、
母の固い鎧を壊して、
その奥の柔らかな心に
一目出会いたかった。
一日一日が重かった。
時が刻々と過ぎていく、
残された時が迫っているのを感じていた。
寝返りも打てない母、
疲れと、焦りと、
苛立ちが限界を超えた時、
つい、怒ってしまった。
すると、
「あんただけは失敗した」
母のか細い声。
まただ・
私の何かが切れた。
「じゃ、産まなきゃ良かったじゃないか!」

言ってしまった。

「あんたは失敗した」

また・言われた。

そうか・と思った。

もう無理だ・と思った。

変わらない。

心が静まっていった。
それが、最後。
好きで、大好きで、
私を見て欲しくて、
私の話聞いて欲しくて、
私で良いって言って欲しくて、
側に寄りたくて、
笑って欲しくて、
ただ、一緒にいたかった。
近寄れない、
遠い人だった。
その固い鎧を壊したくて、
ず~っと、ず~っと、
ぶち当たってた、私。
そして、

私も、母と同じ、
固い、固い鎧を着ていたことに
気づいた。
街で、
母に似た人を見ると、
ドキッとした。
「自分が、母の心を殺してしまった・・」
消えない。
苦しくて、苦しくて、

セッションを受けた。
罪悪感

ただそれだけが、
あなたとの唯一の繋がりだった
と知った。
亡くなってもまだ、
繋がっていたかった私。

お母さん、
あなたが居たから、
私は生まれ、
あなたが居たから、
私は愛を求め、
あなたが居たから、
私は生きていた。
あなたが大好きだった。
だから、怒って、

だから、悲しくて、

いつかこっちを見てくれると
思いたかった。
変えたかった、
変わらない、
叶わないって認めたくなかった。
苦しかったよ。
あなたに生んでもらった大切な命、
寂しいけれど、
もう、私は自分の人生を自分で生きていきます。
あなたは誰かに怒ってませんか?

もしかしたら、
その怒りの下に深い悲しみが眠っているのかもしれませんね。
「自分をあきらめないで」

相手に、
その怒りをぶつけてしまいそうで、
壊してしまいそうで、
自分が怖かった。
だから、
その人から遠く離れていた。
でも、
どんなに離れていても、
怒りは消えなかった。
そんな自分を
ダメな娘だと思った。
どちらかが死ぬまで、
消えないと思っていた。
母から離れて何十年、
もう残された時間がないと
わかった時、
「私が引き取る」
言ってしまった。
他に方法がなかった。
最後の最後、
残された時を
与えられたと思った。
積もり積もった
怒り、罪悪感を
消したかった。
限られた時間、
なんとか繋ぎたくて、
繋がりたくて、
母の固い鎧を壊して、
その奥の柔らかな心に
一目出会いたかった。
一日一日が重かった。
時が刻々と過ぎていく、
残された時が迫っているのを感じていた。
寝返りも打てない母、
疲れと、焦りと、
苛立ちが限界を超えた時、
つい、怒ってしまった。
すると、
「あんただけは失敗した」
母のか細い声。
まただ・
私の何かが切れた。
「じゃ、産まなきゃ良かったじゃないか!」

言ってしまった。

「あんたは失敗した」

また・言われた。

そうか・と思った。

もう無理だ・と思った。

変わらない。

心が静まっていった。
それが、最後。
好きで、大好きで、
私を見て欲しくて、
私の話聞いて欲しくて、
私で良いって言って欲しくて、
側に寄りたくて、
笑って欲しくて、
ただ、一緒にいたかった。
近寄れない、
遠い人だった。
その固い鎧を壊したくて、
ず~っと、ず~っと、
ぶち当たってた、私。
そして、

私も、母と同じ、
固い、固い鎧を着ていたことに
気づいた。
街で、
母に似た人を見ると、
ドキッとした。
「自分が、母の心を殺してしまった・・」
消えない。
苦しくて、苦しくて、

セッションを受けた。
罪悪感

ただそれだけが、
あなたとの唯一の繋がりだった
と知った。
亡くなってもまだ、
繋がっていたかった私。

お母さん、
あなたが居たから、
私は生まれ、
あなたが居たから、
私は愛を求め、
あなたが居たから、
私は生きていた。
あなたが大好きだった。
だから、怒って、

だから、悲しくて、

いつかこっちを見てくれると
思いたかった。
変えたかった、
変わらない、
叶わないって認めたくなかった。
苦しかったよ。
あなたに生んでもらった大切な命、
寂しいけれど、
もう、私は自分の人生を自分で生きていきます。
あなたは誰かに怒ってませんか?

もしかしたら、
その怒りの下に深い悲しみが眠っているのかもしれませんね。

「自分をあきらめないで」

春が近くなると
思い出す
ひきこもっていた日々を
二十歳になったばかりで
会社を辞めた
社会に出て1年半
人の中に居られない
社会に出られない
その自分に、春は・・遠かった
生き生きと
新生活をはじめる人達が
まぶしかった
動けない、隠れてる自分が
自分にも見えない 居ない
どうしていいかわからなかった
社会から即離脱した自分を
もうダメだと思っていた
人の目が怖かった
約2年間
家にひきこもり
ほとんど部屋から出なかった
ある日、親がドア越しに言った
「家は、男の子3人ってことにしたから」
私の存在消された
仕方ないと思った
兄弟は皆家を出てて
幸か不幸か、ひきこもる部屋があった
私のひきこもりルール
TVは絶体置かない
無いし
当時、パソコンも携帯もまだない時代
なんのつながりも持てない
徹底して一人、ひきこもっていた
何してたかっていうと
主に、窓から外を見ていた
あやしいやつだった
本を読んだり、
家具動かしてみたり
何か作ったり、寝てたり、
今思うと2年もよく頑張った
頑固なのね、私
ほんとは・・心の奥底で
誰か助けてーーーーと言っていた
あてもなく叫んでいた
誰も助けになんてこないのわかっていた
だから、ずっとこのままでいいとも思っていた
追い出されないか・・ビクビクしながら
で、どうやって脱したかっていうと
自分から出た
ようするに、飽きた
動きたくなった
相当勇気を出して、
恐る恐る出た
長期入院患者が初めて外に出るように
その当時
フリーター、派遣なんて言葉さえなかった
が、金の卵の時代、仕事はあった
それから
いつでも辞められる仕事、
請け負い、出来高の仕事で生きていた
でも
社会に出てるようで、
実は、人とは話さなかった
まだ、隠れひきこもりではあった
春、ピンク色の桜を見ると
そんなだった自分を思い出す
あの頃の私、
一人っきりだったね
初めの1歩、思いっきり勇気出して
少しづつ、少しづつ、ここまで来た
あきらめないで良かったね

ご感想

 

愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

愛着障害克服カウンセリング東京では
心理セラピーを多くの方に体験してもらいたい
心理セラピーの可能性を知ってもらいたいそんな思いから、
毎月先着5名様に限り、初回カウンセリングを
通常価格10000円→6000円で
ご提供させていただいています。

 [6月  満席]
 [7月  満席]
 [8月  満席の為締切ました]

ただいま9月分の募集を受け付けています。(残席3名様)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です