1人じゃなかった

先週末、

NLP東北セラピューテックコースを卒業した。

5ヶ月間通った仙台行きも終わった。

マスター卒業後、引き続き、

自分に向き合っていこうと受講した。


初日、朝一の新幹線に乗るため、

駅に行く道で転んだ。

そのまま仙台に行き、

2日間、朝から晩までびっちり講義・ワーク。

自宅に帰った次の日、

レントゲンを撮ったら、骨折していた。

痛みをあまり感じない自分がいた。


セラピューに行き、

同じように、

心も

感じないようにしていた自分を知った。


最終ワークの時、

「頭で考えてるよね、本当は今何感じてるの」

りんりんさんに、静かに、ビシッと言われた。

一瞬「クソーッ」と思った。

けど、

胸がつまり、悲しみが腹の底から込み上げてくる。

崩れそうな自分が居た。

涙があふれ、

「淋しい」

堰を切ったように流れ出る涙、鼻水、グチャグチャ


1人ぼっちの小さな自分、

淋しかった、悲しかった、怖かった

1人でこらえていた小さな自分がいた。

誰も助けてくれない。

1人っきり。

倒れたらおしまい。

崩れたらおしまい。

崩れたら・・ダメ


感じたら・・ダメ

見捨てられる!!

りんりんさんが励ます

もう1人で頑張らなくて良いんだよ!

弱くても良いんだよ!

助けてもらっても良いんだよ!

りんりんさんと仲間に全身を支えてもらった時、

人のぬくもりが温かく、力強く、安心感が感じられた。

ガチガチに固まってる身体から徐々に力が抜けて行った。

私は、

誰もいない。

誰も助けてくれない。

1人で生きていくと決めていた。

1人でいいと思っていた。

それでいいと思っていた。


でも、本当は

淋しい自分がいた。

感じないようにしていた。

淋しがってる小さな自分を見ないようにしていた。

その子を置いてきぼりにしていた。

感じない癖がついていた。


そんな自分がいたことを知った。


置いてきぼりにしていた小さな自分を抱きしめ

ごめんね、

大丈夫だよ

もう1人じゃないよ

いつも一緒に居るよ


私しかこの子を癒せないと思った。

自分の人生、自分で責任をもって生きていこう

と思った。


ボロボロ、ヨレヨレになったけど、

身体中に血が通っていくような感じがした。

10日間、仲間も1人1人、真剣に自分に向き合っていった。

その姿を、変わりようを、目の当たりに見、感じられた。

人の感情のエネルギーのすごさも感じた。

終わった時、皆顔が変わっていた。


最後の日、カズ姐さんの

1人で居ることを楽しめれば、
人と一緒に居ることもより楽しめるんだよ。

という言葉が、私の胸に温かく響いた。


10日間私達を、全力で導き、支え、リードしてくださった

カズ姐さん、松本さん、りんりんさん、スタッフのみなさんが居てくれた。

10日間、苦しい時も、逃げたくなった時も、一緒に

分かち合い、支えてくれた仲間

広恵、あけみん、

2人の頑張った姿で、私は力をもらえ、動かされた。


1人じゃない。

そう思えた10日間でした。


本当にありがとうございました!!

 

 

愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

愛着障害克服カウンセリング東京では
心理セラピーを多くの方に体験してもらいたい
心理セラピーの可能性を知ってもらいたいそんな思いから、
毎月先着5名様に限り、初回カウンセリングを
通常価格10000円→6000円で
ご提供させていただいております。

 

ただいま12月分の募集を受け付けています。(残席1名様)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です