1人で生きて行くしかないと思っていませんか?

中学3年になった時、
卒業したら
奉公に出ろと言われた。


担任の先生の説得で、
高校だけは行かせてもらったが、


その頃から、
漠然と思っていた。


誰にも頼れない。

自分の身1つ、
自分でなんとかしなければならない。


1人で生きていくしかないって、

50年以上経って、

残りの人生が見えてきて、

このままで良いのか?

やっぱり人と関われるようになりたいって思った。

最後の賭け、

リトリーブサイコセラピー

セッションを受け、

人のぬくもりが染み渡っていった。


少しづつ自分が変わり、
少しづつ自分を受け入れ、
少しづつ人の中に居られるようになってきた。

ほんとに、
人生何があるかわからないと思った。

あなたは、1人で生きていくしかないって思っていませんか?


愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です