愛着障害による大きな問題は

自分に自信が持てない。
他者とうまく関われない。


この2つの愛着の問題を持っていると、社会で人と関わる時
いろいろな形で問題が発生してしまいます。

その愛着は幼少期、家族との関わりの中で築かれ、形成されて
いきます。

誕生から、成人するまでの長い期間、限られた家族の中での環境、
人間関係、そこから感じとっていった自己、他者、世界のとらえ方。

それは、まだ言葉も、自らで生きる力もない子供の無意識の領域によって
感覚として記憶保存されています。

生きる為に。









この愛着障害を克服するためにどうしたら良いのでしょうか?

1。安全基地を持つ。
   自分がありのままでいられ、なんでも安心して話せる人に関わってもらう。(但し、成育家族は除く)
2。自分の我慢してきた辛かった事、思いを話しきる。
3。過去の未完了の感情を安全な場で解放する。
4。自分の生きづらさの傾向を知る。
5。