怒ったら、負け

あなたは、
自分の感情を、
どうしていますか?


特に、
怒り、



嬉しい、
とか

楽しい、
は表現できるけど、

怒りは、
ぐっと我慢しちゃう人多いと思います。

私も
怒りは、
絶対に出さないようにしてきました。


ずっと、

怒ったら負けと思っていました。


小学生の時、
養護学園に居ました。

そこで、
同級生から陰湿ないじめにあいました。

廊下で通りすがりに
耳元で「バカ」とか「死ね」とか
言われ続けました。

初めてやられた時、
ビックリしました。

意味がわからなかった。

聞き間違いか?と思ったら、 
誰も居ない時、すれ違う度に 
やられました

自分だけが標的。

言われる度に
嫌な感じがする。

誰にもわからないようにやられていたから、
証拠がない。

誰にも言えませんでした。

施設の中で一緒に暮らしているから
逃げ場がありませんでした。

なるべく会わないよう、
よく誰も来ない裏庭にいました。

本当に1人でこらえていました。


何か月かして、
その子が突然転校し
本当にホッとしました。


当時の私は
怒ったら負けと思っていました。

怒ったら、
相手の挑発に乗っちゃう、
乗せられちゃうこと、

負ける感じ。

何を言われても聞こえないふり
反応しない、

鉄面皮のようにこらえていました。

負けるか、って。


でも

自分が嫌な事をされたら
「嫌だ」って怒りが出るのは
当然の事。

怒りは、
自分を守る大切な感情です。

決して勝ったり負けたりって事ではないですね。

その自分の怒りをなかったものにしないで、
自分が怒ってるんだって

その自分に
気づいてあげようね。

 

愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

愛着障害克服カウンセリング東京では
心理セラピーを多くの方に体験してもらいたい
心理セラピーの可能性を知ってもらいたいそんな思いから、
毎月先着各5名様に限り、
  初回カウンセリングを通常価格10000円→8000円で
  ご提供させていただいております。
  6月分[満席]
 7月分[満席]
 8月分[満席]

ただ今9月分の募集を受け付けております。(残席4名様)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です