人との距離感

先日、はじめての集まりに参加しました。

全く知らない人ばかり、

始まる前から、知ってる人同士が

アチコチで親しげに騒いでる。

私は、知ってる人もなく、その集まりもよくわかってない

1人ポツン。

こういう時、

私は一番後ろに座る。   

すぐ出られる位置に行く。

その日も、一番後ろ、出口すぐの椅子確保

私の隣は空席。

次々人が入ってきて、大方席が埋まっていくけど、

私の隣だけ、誰も座らない。


「やっぱり、私は嫌われる」とフッと反応してる自分が出る。


遠く、人の頭ごしにお話を聞く


私に何も聞かないでね・観客状態でいる私

ところがドッコイ

一人一人、話させられた

わーっと思ったけど、

まぁいいかで話しちゃう。

前の人とワークもあり、

やってるうちに、

緊張も、

「私だけ嫌われてる」も

ぶっ飛んでいく。

楽しい。


「休憩後は、席を移動して下さいね」
と指示され、

せっかく前の人に慣れたのに、

また少しドキドキ

一番後ろの列の右端から、左端に移動

たいして変わらない。

次の休憩の時も、一番後ろの真ん中へ移動

たいして変わらない。


あ~私は、この距離感が、

自分にとって落ち着くんだな

と思った。

で、最後の移動で

最前列、真ん中に行った。

近い!!すごい圧迫感感じる


案の定、何回もマイクが廻ってきた、

考えてる暇も、

「イヤイヤ私はいいです。」

なんてゴチャゴチャ言ってる間もない

必然的に参加

どっぷり参加

その時、そこに居る

うまく答えたり、うまく話せたり

とかでなく、

その時感じ、その感じたことを伝えていた。


移動する度に、前後左右の人と話し、

仲よくなる。

「私は、嫌われてる」と思っちゃうのは自分の反応癖、

決して嫌われる人ではないと

その場に楽に居られるように変わっていった。


私は、部屋のはしから、はしくらい

人と離れてるのが

落ち着く距離らしい。


小さい頃の家族の中での自分の位置

長いことそうだった、身につけた

人との距離感

そんな自分が、まだ居るけど、

そこをぶち破るのに、エネルギーいるけど、

少しづつ、勇気だして

人との距離を、縮めて、分かち合っていけたら

いいな~

と思ってます。

 

 

愛着障害克服カウンセリング東京の詳細はこちら

毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

愛着障害克服カウンセリング東京では
心理セラピーを多くの方に体験してもらいたい
心理セラピーの可能性を知ってもらいたいそんな思いから、
毎月先着5名様に限り、初回カウンセリングを
通常価格10000円→6000円で
ご提供させていただいています。

 [6月  満席]
 [7月  満席]
 [8月  満席の為締切ました]

ただいま9月分の募集を受け付けています。(残席3名様)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です